リオ五輪サッカー代表 FC東京橋本落選に六川亨氏が疑問符

公開日:  更新日:

 リオ五輪本大会メンバー18人が発表された(1日)。

「基本的にリオ五輪アジア最終予選を戦ったメンバーから選出された。すでに発表されていたオーバーエージ3人枠(DF塩谷=広島、DF藤春=G大阪、FW興梠=浦和)に加えてFW南野(ザルツブルク=オーストリア)、FW久保(ヤングボーイズ=スイス)の欧州組2人も順当に入りましたね」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 手倉森監督は、本大会での目標を聞かれて「あと6回(五輪本大会で)勝てば金メダル。一番上を目指さないとメダルは取れない」と“最低でも銅メダル”宣言だ。

 しかし、5月21日に左膝の靱帯を損傷して全治6週間と診断され、リオ五輪絶望といわれていたDF岩波(神戸)がサプライズ招集されたように五輪世代(23歳以下)のタレント不足は明らか。

 しかも選考自体に首をかしげる専門家も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る