• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本監督もうイジれない? 大活躍の広島新井と“立場逆転”

 もう笑えなくなってきた。

 広島復帰2年目の新井(39)は今季、人が変わったように打ちまくっている。大勝した19日の中日戦も三回に12号3ランを放ち、前日のサヨナラ弾に続きスタンドを沸かせた。打率.326はリーグ3位、69打点は同2位。いずれもトップを走るヤクルトの山田を脅かす位置につけ、打撃の名人が乗り移ったような異常な活躍でチームの独走に大きく貢献している。

 この新井を現役時代からイジって、イビって周囲を笑わせてきたのが阪神の金本監督(48)だ。広島時代からの師弟関係は誰もが知るところだが、新井が阪神に在籍中は子供じみたシューズへの落書きや「頭を使え」などと辛辣な言葉で散々バカにし、トークショーでも「新井イジリ」をネタに笑いを取っていた。それが金本流の愛情表現とはわかっていても、「大人げないし、やり過ぎだ」との声も少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る