露シンクロの五輪出場を日本代表・井村コーチが痛烈批判

公開日: 更新日:

 シンクロの鬼コーチがロシアのドーピング問題に怒りを爆発させた。

 29日に男子ラグビー代表とともに合宿地サンパウロに出発。井村雅代ヘッドコーチ(HC)は、ロシアのドーピング問題で出場が危ぶまれたシンクロ選手団の出場が認められたことに、「国ぐるみでやったことは国全体で制裁を受けるべきだと思っている」と出場の可否を各競技団体の判断に委ねた国際オリンピック委員会の決定を批判した。

 かねてロシアのスポーツ界には疑問を抱いていたようで、「国の威信、強さを見せつけるために選手を道具としか見ていない。選手の尊厳を大事にしない。許せない」と怒りをあらわにした。

 水中で美しさ、しなややかさを競うシンクロでも、興奮剤を使用するなどの例があり、04年アテネ五輪前にロシア代表による禁止薬物使用が発覚した。ロシアの内幕を知り尽くしている井村HCだけに、今回の件は黙っていられなかったようだ。

 相手は金メダル候補だけに、本番でギャフンと言わせたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る