五輪ドーピング問題 WADAとIOCの“喧嘩”で日本とばっちり

公開日: 更新日:

 そりゃあ頭にくるのは当然だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、電話による緊急理事会を開き、国家ぐるみのドーピング問題が発覚したロシアをリオ五輪(8月5日開幕)から追放する処分を見送った。今後、ロシア選手の出場の可否は、各競技を統括する国際連盟(IF)の判断に委ねることになる。

 これに納得できないのが、世界反ドーピング機関(WADA)だ。

 WADAは、カナダ人弁護士リチャード・マクラーレン氏を中心とする特別調査委を設置。14年ソチ冬季五輪でロシア選手が集団的にドーピングを行い、関連する役所の職員が、サンプルを陰性のものにすり替えていたと公表。

「すべてのロシア選手に深刻な疑惑が持たれている」と述べ、その報告書を基にWADAはIOCに対しロシア選手団のリオ五輪からの全面締め出しを提案したが、IOCは条件付きでロシア選手の出場を認めたから、WADAは24日声明で「(IOCの判断に)失望した」と批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る