五輪ドーピング問題 WADAとIOCの“喧嘩”で日本とばっちり

公開日:  更新日:

 そりゃあ頭にくるのは当然だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、電話による緊急理事会を開き、国家ぐるみのドーピング問題が発覚したロシアをリオ五輪(8月5日開幕)から追放する処分を見送った。今後、ロシア選手の出場の可否は、各競技を統括する国際連盟(IF)の判断に委ねることになる。

 これに納得できないのが、世界反ドーピング機関(WADA)だ。

 WADAは、カナダ人弁護士リチャード・マクラーレン氏を中心とする特別調査委を設置。14年ソチ冬季五輪でロシア選手が集団的にドーピングを行い、関連する役所の職員が、サンプルを陰性のものにすり替えていたと公表。

「すべてのロシア選手に深刻な疑惑が持たれている」と述べ、その報告書を基にWADAはIOCに対しロシア選手団のリオ五輪からの全面締め出しを提案したが、IOCは条件付きでロシア選手の出場を認めたから、WADAは24日声明で「(IOCの判断に)失望した」と批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る