• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪ドーピング問題 WADAとIOCの“喧嘩”で日本とばっちり

 そりゃあ頭にくるのは当然だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、電話による緊急理事会を開き、国家ぐるみのドーピング問題が発覚したロシアをリオ五輪(8月5日開幕)から追放する処分を見送った。今後、ロシア選手の出場の可否は、各競技を統括する国際連盟(IF)の判断に委ねることになる。

 これに納得できないのが、世界反ドーピング機関(WADA)だ。

 WADAは、カナダ人弁護士リチャード・マクラーレン氏を中心とする特別調査委を設置。14年ソチ冬季五輪でロシア選手が集団的にドーピングを行い、関連する役所の職員が、サンプルを陰性のものにすり替えていたと公表。

「すべてのロシア選手に深刻な疑惑が持たれている」と述べ、その報告書を基にWADAはIOCに対しロシア選手団のリオ五輪からの全面締め出しを提案したが、IOCは条件付きでロシア選手の出場を認めたから、WADAは24日声明で「(IOCの判断に)失望した」と批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る