ロシア締め出し見送り IOCが平和より“保身”を選んだ理由

公開日: 更新日:

 妥当な判断との声が多い。

 24日に行われた国際オリンピック委員会(IOC)の緊急理事会は、ロシアの国家ぐるみのドーピングにおけるリオ五輪出場の可否を審議し、ロシアを五輪から全面排除する処分は見送り、選手の扱いは各競技団体に委ねるとの判断を下した。これでロシア選手は、国際陸連が認めた2人を除く陸上選手以外の五輪出場の可能性が大きく広がった。この結果について、日本オリンピック委員会の元職員で、長野五輪招致活動に関わったスポーツコンサルタントの春日良一氏はこう言う。

「五輪憲章はナショナリズムを否定している。選手の成績(順位)は、各選手に帰属するものであり、各国が獲得したメダル数を競うことも五輪憲章違反です。よって、ドーピングとは無縁のロシア選手までリオ五輪から締め出せば、IOCは自ら五輪憲章を否定することになる。とはいえ、ロシアの国家ぐるみのドーピングが明らかになった。プーチン大統領はそれを否定し、反ドーピングの独立委員会を設置することを自国の五輪委員会に提案すると言った。IOCに屈服したわけですが、大きな問題だけに、バッハ会長とプーチン大統領には、水面下で何かしらのやりとりがあったかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  9. 9

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る