• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジアに蔓延するドーピング 中韓印が「ワースト10」入り

 禁止薬物が蔓延しているのは陸連による組織的ドーピングが行われていたロシアだけではない。

 世界反ドーピング機関(WADA)は28日、14年に行われたドーピング検査の結果を公表。WADAの報告書によると、14年に採取した検体21万7762個のうち禁止薬物が見つかったのは1693件。違反者の内訳は83競技、109カ国にわたる。

 競技別で見ると陸上競技の248件が最も多く、ボディービル(225件)、自転車(168件)、ウエートリフティング(148件)、パワーリフティング(116件)などで多くの違反者が出た。

 国別ではロシアの148件が最多で、イタリア(123件)、インド(96件)と続き、8位に中国の49件、10位には43件の韓国が入った。旧ソ連時代からドーピングが横行していたロシアは当然としても、ワースト10カ国のうち、アジアからは3カ国がランクインしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る