アジアに蔓延するドーピング 中韓印が「ワースト10」入り

公開日: 更新日:

 禁止薬物が蔓延しているのは陸連による組織的ドーピングが行われていたロシアだけではない。

 世界反ドーピング機関(WADA)は28日、14年に行われたドーピング検査の結果を公表。WADAの報告書によると、14年に採取した検体21万7762個のうち禁止薬物が見つかったのは1693件。違反者の内訳は83競技、109カ国にわたる。

 競技別で見ると陸上競技の248件が最も多く、ボディービル(225件)、自転車(168件)、ウエートリフティング(148件)、パワーリフティング(116件)などで多くの違反者が出た。

 国別ではロシアの148件が最多で、イタリア(123件)、インド(96件)と続き、8位に中国の49件、10位には43件の韓国が入った。旧ソ連時代からドーピングが横行していたロシアは当然としても、ワースト10カ国のうち、アジアからは3カ国がランクインしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る