• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<特別寄稿>3年ぶり夏の甲子園 横浜はどこまで勝ち進むか

 古巣の横浜高が3年ぶり16度目の甲子園出場を決めた。昨7月31日の神奈川大会決勝で慶応に9―3。昨秋、今春、そして今夏の公式戦を県内無敗で乗り切った。昨夏の新チームから指揮を執る平田監督と金子部長のコンビにまずは「おめでとう」と言いたい。

 投手は今秋ドラフト1位候補の藤平と石川の右と左の2枚看板。打線は神奈川大会新記録の通算14本塁打を放った。この日の3番・増田の2発は文句なしの当たりでも、夏の間、狭い横浜スタジアムには外野方向へ「ホームラン風」が吹く。マスコミには「強力打線」や「重量打線」と持ち上げられるだろうが、その分は差し引いて見ないといけない。

 甲子園では「東の横綱」と呼ばれるだろう。しかし、全国制覇を狙うためには気になる点がある。評価が高い2人の投手のことだ。

■2枚看板に課題

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る