<特別寄稿>3年ぶり夏の甲子園 横浜はどこまで勝ち進むか

公開日:  更新日:

 古巣の横浜高が3年ぶり16度目の甲子園出場を決めた。昨7月31日の神奈川大会決勝で慶応に9―3。昨秋、今春、そして今夏の公式戦を県内無敗で乗り切った。昨夏の新チームから指揮を執る平田監督と金子部長のコンビにまずは「おめでとう」と言いたい。

 投手は今秋ドラフト1位候補の藤平と石川の右と左の2枚看板。打線は神奈川大会新記録の通算14本塁打を放った。この日の3番・増田の2発は文句なしの当たりでも、夏の間、狭い横浜スタジアムには外野方向へ「ホームラン風」が吹く。マスコミには「強力打線」や「重量打線」と持ち上げられるだろうが、その分は差し引いて見ないといけない。

 甲子園では「東の横綱」と呼ばれるだろう。しかし、全国制覇を狙うためには気になる点がある。評価が高い2人の投手のことだ。

■2枚看板に課題

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る