左脇腹が癒えず 錦織に懸念される「リオ途中棄権」の恐れ

公開日:  更新日:

 傷ついた体は再び悲鳴をあげるか。

 テニスのロジャーズ・カップ(カナダ・トロント)決勝に進出した錦織圭(26=世界ランク6位・第3シード)は、同1位のN・ジョコビッチ(第1シード)に0-2で敗れ、4大大会の次に格付けされるマスターズの初Vは阻まれた。

 錦織の第1セットは3-6で完敗。第2セットは第6ゲームをブレークするなど善戦したものの5-7で終幕。やはりジョコビッチとの力の差は歴然だった。錦織はこの敗戦で対ジョコビッチとの通算成績は2勝10敗。世界最強のライバルは今季7勝目。錦織が未勝利のマスターズで30勝目を挙げた(歴代トップ)。

 錦織は先月の全英(ウィンブルドン)4回戦を脇腹痛で途中棄権した。完治していない状態で「準優勝」ならよくやったというべきだろう。しかし、今大会で全力を出し切った反動は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る