中村美里破り52kg級で金 ケルメンディは“コソボの誇り”

公開日:  更新日:

 リオ五輪女子柔道52キロ級で金メダルを獲得した世界ランク1位のマイリンダ・ケルメンディ(コソボ=25)。準決勝で中村美里、決勝でオデッテ・ジュフリダ(イタリア)を破り、オリンピックに初めて選手団を派遣したコソボに早々の金メダルをもたらした。

 旧ユーゴスラビア最後の独立国コソボ。ケルメンディは人口10万人の西部の町ペヤで生まれた。1990年代のコソボ紛争後の混乱で両親の職もままならない中、8歳の時に柔道を始めた。コーチのドリンコ・クカ氏にに鍛えられ、力をつけていった。ヨーロッパのジュニア大会で上位の常連になり、2009年には18歳で世界ジュニアで優勝。

 ロンドン五輪の12年を迎えると同年4月、国際柔道連盟(IJT)はコソボの加盟を認めたが、国際オリンピック委員会(IOC)が難色を示した。このためケルメンディは市民権を持っていたアルバニア代表としてロンドン五輪に出場せざるを得なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る