必然の初戦敗退…フェンシング太田雄貴は燃え尽きていた

公開日:  更新日:

「五輪に対する覚悟がロンドンや北京に比べて弱かった気がしている。これで未練なく現役を引退できるかなというくらい、すっきりしている」

 リオ五輪フェンシング男子個人フルーレで初戦敗退した太田雄貴(30)はこう敗因を語り、現役引退を明らかにした。

 昨年の世界選手権で優勝し、世界ランク2位の太田に対して相手のトルド(ブラジル)は世界ランク66位。太田の楽勝かと思われたが、序盤でリードを許す。一時は逆転したが、13-12から3連続でポイントを失い敗れた。

 太田は北京では個人で、ロンドンでは団体で銀メダル。ロンドン後には「引退するつもり」と剣を置いた。ところがその後、日本代表が低迷。「東京五輪に向けて自分が背中で引っ張る」などとリオ五輪を目指して競技に復帰したが、ドイツでのW杯(今年2月)で団体での出場権獲得に失敗。帰国後には失意からか、休養を取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る