400m個人メドレー金の萩野 80年ぶり自由形金にピタリ照準

公開日:  更新日:

 世界ランキング1位が、ついに頂点に立った。

 リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレーで日本新記録の4分6秒05をマークして今大会日本勢初の金メダルを獲得した萩野公介(21=東洋大)。4分9秒71で銅メダルの瀬戸大也(22=早稲田大)とともに56年メルボルン大会以来、60年ぶりの日本人選手による同時表彰台である。

 昨年7月のフランス合宿で右手を骨折し、世界選手権(ロシア・カザニ)欠場を余儀なくされた萩野は、「ケガがあったからこそ、最後の最後まで粘れた」と振り返った。競泳の全4種目をこなす個人メドレーを制したことで「キングオブスイマー」の称号を手に入れたが、これで満足しているわけではない。次の狙いは自由形でも頂点に君臨することだという。

 競泳は日本のお家芸とはいえ、自由形は五輪で金から遠ざかっている。男子は36年ベルリン大会1500メートルの寺田登、女子では04年アテネ大会800メートルの柴田亜衣が最後だ。自由形は上背のある欧米の選手が有利とされ、小柄な日本人が勝つのは難しいといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る