痛い作戦ミス…重量挙げ八木かなえは悔しさ残る6位入賞

公開日:  更新日:

 女子53キロ級で八木かなえ(24)がスナッチ81キロ、ジャーク105キロを挙げ、トータル186キロで6位入賞を果たした。

 直前の選考会でトータル194キロを挙げた八木。本番のウオームアップでも調子が良かったそうだが、記録は自己ベストを11キロも下回った。

「調子は良かったのに、本番では縮こまってしまった」(八木)と認めるように、スナッチの81キロでは2度失敗。追い込まれた3度目でやっと成功させた。ジャークでも101キロを1回目に失敗。2度目に挙げ、105キロを成功させて競技を終えた。

 自分が挙げる申告重量を基準に上位A組7人と下位B組6人に分かれ、八木は「どんなことがあっても失敗しない重さで申告した」(三宅監督)ため、上から8番目で下位組に。B組では断然の実力で独り舞台(B組2位はトータル165キロ)。他選手が次々と試技を終える中、八木は連続試技を強いられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る