日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池江ペースダウン 200m自由形で予選敗退「体が重かった」

 日本新を連発した女子高生スイマーも小休止だ。

 7日のリオ五輪女子100メートルバタフライで6位に入った池江璃花子(16)が200メートル自由形予選に臨んだが、1分58秒49の全体21位で敗退。狙っていた日本記録(1分57秒37)にも届かず「思った以上に体が重かった。今日はきつかった」と疲れ切った表情で話した。

 今回は7種目にエントリーし、ここまで3種目(6レース)をこなした。

「まだリレーで200メートル自由形を泳ぐチャンスはあるので、しっかり頑張りたい」と話す池江に笑顔は戻るか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事