日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新興国の台頭で金遠く 日本柔道によぎる“ロンドンの悪夢”

 リオ五輪柔道の女子52キロ級、男子66キロ級が行われた7日(日本時間8日早朝)、日本はこの日も金メダルに届かなかった。

 3大会連続出場となった中村美里(27)は準決勝でケルメンディ(コソボ)に優勢負けで敗退。3位決定戦で延長戦の末にミランダ(ブラジル)を下して北京に続く銅メダルを獲得したものの、試合後は「金メダルが欲しかった。悔しい気持ちでいっぱいです」と涙を見せた。

 前回12年のロンドンで3位に終わった海老沼匡(26)も雪辱を誓いながら、同じく準決勝で安バウル(韓国)に優勢で敗れた。3位決定戦でブシャール(カナダ)に背負い投げで一本勝ちして銅メダルを確保したが、こちらも笑顔はなかった。

「本当にぶざまな試合だった。ボクの力不足ですいません……」

 日本柔道はロンドンで歴史的惨敗を喫した。男女14階級で金メダルは女子57キロ級の松本薫だけ。男子は64年の東京五輪で柔道競技が採用されて以来、初めて金メダルなしという屈辱にまみれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事