日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

リオ五輪の予選リーグ敗退ではっきり見えた日本の弱点

 監督も選手も、そして多くのサッカー関係者たちが、当たり前のことではあるが、改めて実感していることだろう。大きな国際大会でメダルを取ることの難しさを――。

 日本は、グループリーグB組最終戦のスウェーデン戦(日本時間11日午前7時開始)を1─0でモノにしたが、決勝トーナメントには進出できなかった。初戦のナイジェリア戦は2─5から4─5まで盛り返し、2戦目のコロンビア戦では0─2から同点に追い付く粘りを見せた。選手の奮闘ぶりも伝わってきたし、最後まで諦めずにプレーした選手には「よくやった」と拍手を送りたい。

 しかし、あくまで「よくやった」である。メダルどころか、グループリーグ敗退では、五輪代表の挑戦は「大失敗に終わった」と言うしかない。

 世界中で愛されているメジャースポーツのサッカーで「たった3つしかない」メダルを取るためには、大会でのパフォーマンス以前に用意周到な準備が必要となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事