女子5000m見どころは「アヤナ世界新」と「上原の大逃げ」

公開日:  更新日:

 目が離せない12周半になりそうだ。

 キャリア2戦目の挑戦で、リオ五輪女子1万メートルをぶっちぎりの世界新で制したアルマズ・アヤナ(24=エチオピア)が5000メートルに登場する。

 もともと5000メートルが“本職”で、世界選手権では13年ロシア大会で銅、昨年の北京大会では金メダルを獲得。今年6月には、ディババ(エチオピア)の持つ14分11秒15の世界記録に1秒44差に迫る歴代2位の記録を出した。相性のいいリオのトラックとアヤナの勢いからすれば、13分台も夢ではない。

 アヤナに先んじて“独走”を見せそうなのが上原美幸(20)だ。予選ではスタートから大逃げ。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、粘って自己ベストの15分23秒41で予選通過。日本勢20年ぶりとなる決勝進出を果たした。上原の戦略も見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る