女子5000m見どころは「アヤナ世界新」と「上原の大逃げ」

公開日: 更新日:

 目が離せない12周半になりそうだ。

 キャリア2戦目の挑戦で、リオ五輪女子1万メートルをぶっちぎりの世界新で制したアルマズ・アヤナ(24=エチオピア)が5000メートルに登場する。

 もともと5000メートルが“本職”で、世界選手権では13年ロシア大会で銅、昨年の北京大会では金メダルを獲得。今年6月には、ディババ(エチオピア)の持つ14分11秒15の世界記録に1秒44差に迫る歴代2位の記録を出した。相性のいいリオのトラックとアヤナの勢いからすれば、13分台も夢ではない。

 アヤナに先んじて“独走”を見せそうなのが上原美幸(20)だ。予選ではスタートから大逃げ。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、粘って自己ベストの15分23秒41で予選通過。日本勢20年ぶりとなる決勝進出を果たした。上原の戦略も見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  5. 5

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  8. 8

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  9. 9

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  10. 10

    “花王の暴れん坊”丸田芳郎の生き方は受け継がれているのか

もっと見る