女子5000m見どころは「アヤナ世界新」と「上原の大逃げ」

公開日: 更新日:

 目が離せない12周半になりそうだ。

 キャリア2戦目の挑戦で、リオ五輪女子1万メートルをぶっちぎりの世界新で制したアルマズ・アヤナ(24=エチオピア)が5000メートルに登場する。

 もともと5000メートルが“本職”で、世界選手権では13年ロシア大会で銅、昨年の北京大会では金メダルを獲得。今年6月には、ディババ(エチオピア)の持つ14分11秒15の世界記録に1秒44差に迫る歴代2位の記録を出した。相性のいいリオのトラックとアヤナの勢いからすれば、13分台も夢ではない。

 アヤナに先んじて“独走”を見せそうなのが上原美幸(20)だ。予選ではスタートから大逃げ。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、粘って自己ベストの15分23秒41で予選通過。日本勢20年ぶりとなる決勝進出を果たした。上原の戦略も見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る