• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“奇策”で20年ぶり快挙 女子陸上5000m上原美幸が決勝へ

 驚異的な「逃げ」を見せた。

 16日、リオ五輪陸上女子5000メートル予選に出場した上原美幸(20)が1組で7着(15分23秒41)に入り、全体の14位で決勝進出を果たした。同種目で決勝に進むのは、96年アトランタ五輪で4位(15分9秒05=当時の日本新)に入賞した志水見千子(46)以来、20年ぶりの快挙だ。

 他の選手たちの出方を見ながらスパートをかけていくレース運びが定石とされる中、上原はスタートから勢いよく飛び出すと、最初の1000メートルは3分を切るスピードで快走。同じ組にいたケニアや米国の強豪選手を置き去りにし、2位とは約13秒の差をつけた。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、自己ベスト(15分21秒40)に迫る好タイムでゴール。レース後、「自分の持ち味は粘りだと思っているので、とにかく粘り倒しました。後ろを気にせず自分らしい走りができました」と振り返り、「闘争心をむき出しにして、カッコイイ走りを見せたかった。前に出ることを恐れず、果敢に攻めていけた。こういうレースは二度と味わえない。スタジアム全体の歓声を肌で感じて楽しみながら走っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る