“奇策”で20年ぶり快挙 女子陸上5000m上原美幸が決勝へ

公開日:  更新日:

 驚異的な「逃げ」を見せた。

 16日、リオ五輪陸上女子5000メートル予選に出場した上原美幸(20)が1組で7着(15分23秒41)に入り、全体の14位で決勝進出を果たした。同種目で決勝に進むのは、96年アトランタ五輪で4位(15分9秒05=当時の日本新)に入賞した志水見千子(46)以来、20年ぶりの快挙だ。

 他の選手たちの出方を見ながらスパートをかけていくレース運びが定石とされる中、上原はスタートから勢いよく飛び出すと、最初の1000メートルは3分を切るスピードで快走。同じ組にいたケニアや米国の強豪選手を置き去りにし、2位とは約13秒の差をつけた。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、自己ベスト(15分21秒40)に迫る好タイムでゴール。レース後、「自分の持ち味は粘りだと思っているので、とにかく粘り倒しました。後ろを気にせず自分らしい走りができました」と振り返り、「闘争心をむき出しにして、カッコイイ走りを見せたかった。前に出ることを恐れず、果敢に攻めていけた。こういうレースは二度と味わえない。スタジアム全体の歓声を肌で感じて楽しみながら走っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る