“奇策”で20年ぶり快挙 女子陸上5000m上原美幸が決勝へ

公開日: 更新日:

 驚異的な「逃げ」を見せた。

 16日、リオ五輪陸上女子5000メートル予選に出場した上原美幸(20)が1組で7着(15分23秒41)に入り、全体の14位で決勝進出を果たした。同種目で決勝に進むのは、96年アトランタ五輪で4位(15分9秒05=当時の日本新)に入賞した志水見千子(46)以来、20年ぶりの快挙だ。

 他の選手たちの出方を見ながらスパートをかけていくレース運びが定石とされる中、上原はスタートから勢いよく飛び出すと、最初の1000メートルは3分を切るスピードで快走。同じ組にいたケニアや米国の強豪選手を置き去りにし、2位とは約13秒の差をつけた。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、自己ベスト(15分21秒40)に迫る好タイムでゴール。レース後、「自分の持ち味は粘りだと思っているので、とにかく粘り倒しました。後ろを気にせず自分らしい走りができました」と振り返り、「闘争心をむき出しにして、カッコイイ走りを見せたかった。前に出ることを恐れず、果敢に攻めていけた。こういうレースは二度と味わえない。スタジアム全体の歓声を肌で感じて楽しみながら走っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る