“奇策”で20年ぶり快挙 女子陸上5000m上原美幸が決勝へ

公開日:  更新日:

 驚異的な「逃げ」を見せた。

 16日、リオ五輪陸上女子5000メートル予選に出場した上原美幸(20)が1組で7着(15分23秒41)に入り、全体の14位で決勝進出を果たした。同種目で決勝に進むのは、96年アトランタ五輪で4位(15分9秒05=当時の日本新)に入賞した志水見千子(46)以来、20年ぶりの快挙だ。

 他の選手たちの出方を見ながらスパートをかけていくレース運びが定石とされる中、上原はスタートから勢いよく飛び出すと、最初の1000メートルは3分を切るスピードで快走。同じ組にいたケニアや米国の強豪選手を置き去りにし、2位とは約13秒の差をつけた。3500メートル付近で後続に追いつかれたが、自己ベスト(15分21秒40)に迫る好タイムでゴール。レース後、「自分の持ち味は粘りだと思っているので、とにかく粘り倒しました。後ろを気にせず自分らしい走りができました」と振り返り、「闘争心をむき出しにして、カッコイイ走りを見せたかった。前に出ることを恐れず、果敢に攻めていけた。こういうレースは二度と味わえない。スタジアム全体の歓声を肌で感じて楽しみながら走っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る