陸上女子1万メートル 世界新で金のアヤナに日本勢が呆然

公開日:  更新日:

 時節柄、ドーピングと疑われかねないような快記録が生まれた。リオ五輪陸上女子の1万メートル決勝(12日)でエチオピアのアヤナ(24)が、29分17秒45の世界新記録で優勝。90年代に女子中距離界を席巻した中国・馬軍団のエース王軍霞が、93年に打ち立てた世界記録を一気に14秒33も塗り替えたのである。

 レースは5000メートル14分40秒のハイペース。5200メートル付近でスルスルっと抜け出すと3連覇を狙うエチオピアのディババ(31)ら有力選手をあっさり引き離し、レース終盤もペースを落とさずにフィニッシュした。

 この異次元の走りにボー然だったのが日本勢である。31分36秒44で18位だった28歳の高島由香は「(ペースが)速くて対応できなかった」。20歳の関根花観は31分44秒44の20位に終わって「歯が立たなかった。力不足。出る幕がなかった」。2人とも、レース中盤に周回遅れの屈辱も味わい、彼我の差に口をアングリさせるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る