• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸上女子1万メートル 世界新で金のアヤナに日本勢が呆然

 時節柄、ドーピングと疑われかねないような快記録が生まれた。リオ五輪陸上女子の1万メートル決勝(12日)でエチオピアのアヤナ(24)が、29分17秒45の世界新記録で優勝。90年代に女子中距離界を席巻した中国・馬軍団のエース王軍霞が、93年に打ち立てた世界記録を一気に14秒33も塗り替えたのである。

 レースは5000メートル14分40秒のハイペース。5200メートル付近でスルスルっと抜け出すと3連覇を狙うエチオピアのディババ(31)ら有力選手をあっさり引き離し、レース終盤もペースを落とさずにフィニッシュした。

 この異次元の走りにボー然だったのが日本勢である。31分36秒44で18位だった28歳の高島由香は「(ペースが)速くて対応できなかった」。20歳の関根花観は31分44秒44の20位に終わって「歯が立たなかった。力不足。出る幕がなかった」。2人とも、レース中盤に周回遅れの屈辱も味わい、彼我の差に口をアングリさせるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る