陸上女子1万メートル 世界新で金のアヤナに日本勢が呆然

公開日:  更新日:

 時節柄、ドーピングと疑われかねないような快記録が生まれた。リオ五輪陸上女子の1万メートル決勝(12日)でエチオピアのアヤナ(24)が、29分17秒45の世界新記録で優勝。90年代に女子中距離界を席巻した中国・馬軍団のエース王軍霞が、93年に打ち立てた世界記録を一気に14秒33も塗り替えたのである。

 レースは5000メートル14分40秒のハイペース。5200メートル付近でスルスルっと抜け出すと3連覇を狙うエチオピアのディババ(31)ら有力選手をあっさり引き離し、レース終盤もペースを落とさずにフィニッシュした。

 この異次元の走りにボー然だったのが日本勢である。31分36秒44で18位だった28歳の高島由香は「(ペースが)速くて対応できなかった」。20歳の関根花観は31分44秒44の20位に終わって「歯が立たなかった。力不足。出る幕がなかった」。2人とも、レース中盤に周回遅れの屈辱も味わい、彼我の差に口をアングリさせるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る