1日5食の“突貫工事”も…女子75kg級・渡利璃穏は初戦敗退

公開日:  更新日:

 メダルラッシュの波に乗れなかった。

 リオ五輪レスリング女子75キロ級の渡利璃穏(24)は、初戦の2回戦で14年世界選手権2位の地元ブラジル選手アリーネ・ダシルバフェレイラに3-4で敗れた。

 1年前までは63キロ級でリオを目指すも、大学の後輩・川井梨紗子に負けた。ところが、2階級上の75キロ級だけ代表の座が空席だったため、1日5食以上をノルマにするきつい体重増に励み、今年の五輪アジア予選に優勝。五輪キップを手にした。体格で劣るため、組まずにタックルでポイントを取りたかったが、第2ピリオドでは投げを食らった。

「ここで勝つためにやってきた。勝ちきれず悔しい。(自分も)金メダルを取って帰りたいと思ってたの……情けないです」

 無理やり食べての急造代表では勝てるほど五輪は甘くないのか……。

▽レスリング女子75キロ級2回戦
ダシルバフェレイラ(ブラジル) 4―3 渡利璃穏

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る