• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鼻息荒い大関・稀勢の里 「綱とり」はいつまで続く?

 これで一体、何度目の「綱とり」になるのか。

 大関稀勢の里(30)が来月11日に初日を迎える9月場所に向け、鼻息を荒くしている。番付発表のあった29日は田子ノ浦部屋で会見。先場所負傷した右足も「痛みはない」と話し、「いい状態で初日を迎え、いつも通りにやるだけ。早く自分で(チャンスを)つかまえないと」と続けた。

 もっとも、ファンの多くは半信半疑だろう。ここ3場所は13勝、13勝、12勝。毎場所綱とりが期待されながら、横綱昇進基準の「2場所連続優勝」どころか、そもそも賜杯を抱いたことすら一度もない。

 日本人横綱をつくりたい相撲協会や横綱審議委員会から、「13勝でもいいから優勝を」とハードルを下げられても、それすらクリアできない。昇進基準は下がり続け、今や「とにかく初優勝すればいい!」とまで言われる始末だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る