• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鼻息荒い大関・稀勢の里 「綱とり」はいつまで続く?

 これで一体、何度目の「綱とり」になるのか。

 大関稀勢の里(30)が来月11日に初日を迎える9月場所に向け、鼻息を荒くしている。番付発表のあった29日は田子ノ浦部屋で会見。先場所負傷した右足も「痛みはない」と話し、「いい状態で初日を迎え、いつも通りにやるだけ。早く自分で(チャンスを)つかまえないと」と続けた。

 もっとも、ファンの多くは半信半疑だろう。ここ3場所は13勝、13勝、12勝。毎場所綱とりが期待されながら、横綱昇進基準の「2場所連続優勝」どころか、そもそも賜杯を抱いたことすら一度もない。

 日本人横綱をつくりたい相撲協会や横綱審議委員会から、「13勝でもいいから優勝を」とハードルを下げられても、それすらクリアできない。昇進基準は下がり続け、今や「とにかく初優勝すればいい!」とまで言われる始末だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る