稀勢の里も自滅 モンゴル勢の牙城崩せずファンどっちらけ

公開日: 更新日:

 賜杯も綱とりも、すべてパーだ。

 13日目、結びの一番は10勝2敗の大関稀勢の里(30)と横綱日馬富士(32)。勝てば初優勝、そして昇進に一歩前進したはずが、まさかの完敗。稀勢の里は立ち合いでもろ差しを許すと、こう着状態に我慢できなかったのか左腕を巻き替えて強引な投げ。しかし、胸をつけていた日馬富士に一気に攻められ、寄り倒された。

 3つ目の黒星はもとより、内容が内容だ。綱とりは完全消滅したといってもいい。仮に相撲協会や横綱審議委員会が未練を見せたところで、今の稀勢の里を「横綱にふさわしい力士」と認めるファンは皆無だ。

 その稀勢の里の前の取組で、白鵬に負けた豪栄道もブザマだった。立ち合いで勝手に足を滑らせ、土俵にしりもち。決まり手は13年5月場所以来の「腰砕け」というのだから、ファンはどっちらけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る