• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稀勢の里も自滅 モンゴル勢の牙城崩せずファンどっちらけ

 賜杯も綱とりも、すべてパーだ。

 13日目、結びの一番は10勝2敗の大関稀勢の里(30)と横綱日馬富士(32)。勝てば初優勝、そして昇進に一歩前進したはずが、まさかの完敗。稀勢の里は立ち合いでもろ差しを許すと、こう着状態に我慢できなかったのか左腕を巻き替えて強引な投げ。しかし、胸をつけていた日馬富士に一気に攻められ、寄り倒された。

 3つ目の黒星はもとより、内容が内容だ。綱とりは完全消滅したといってもいい。仮に相撲協会や横綱審議委員会が未練を見せたところで、今の稀勢の里を「横綱にふさわしい力士」と認めるファンは皆無だ。

 その稀勢の里の前の取組で、白鵬に負けた豪栄道もブザマだった。立ち合いで勝手に足を滑らせ、土俵にしりもち。決まり手は13年5月場所以来の「腰砕け」というのだから、ファンはどっちらけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る