実は空前のブーム 韓国女子ゴルフ界の恐るべき“世界戦略”

公開日: 更新日:

 日本ではほとんど報道されなかったが、韓国で先週開催された女子大会「ハンファ・ファイナンスクラシック」(忠清南道=ゴールデンベイゴルフ&リゾート)に、藤本麻子(26)と大江香織(26)の2選手が推薦枠で出場した。

 日本ツアーに韓国人プロが大挙して押し寄せているのは、今では当然のことだが、韓国ツアーに日本人選手が出場するのは珍しい。主催者のハンファがこう説明する。

「日本ツアーでは韓国人選手が大活躍していますが、同時に韓国でも日本人に活躍してもらいたいのです。韓国から日本に行くだけでなく、日本から韓国に来て韓国人選手の強さや練習ぶりを見てもらい、その経験を通じて日本と韓国の交流を深めてもらいたいのです」

 大会の優勝賞金約2700万円は、日本ツアー最高額の日本女子オープン(2800万円)と大差はない。勝ったのは、世界ランク12位で韓国ツアー賞金女王争いトップのパク・ソンヒョン(22)。通算6アンダーで今季7勝目を挙げた。一方、藤本は10オーバーで43位、大江は予選落ちだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る