五輪V4逃すも人気絶大 吉田沙保里の引退を阻む周囲の思惑

公開日:  更新日:

 去就に世界が注目している。

 24日、リオ五輪後半に行われたバドミントン、陸上などの選手が帰国し、一部選手を除くメダリストが会見。女子レスリング53キロ級で4連覇を逃し、銀メダルに終わった選手団主将の吉田沙保里(33)は「自分は残念な結果だったが、ここにいる選手たちが過去最多のメダルを獲得したことはうれしく思います」と総括した。

 リオで敗戦後、栄和人強化委員長からはコーチ就任を打診されたといわれるが、吉田は「これから先のことは、ゆっくり考えたい」と従来通り、現役続行か引退かは明らかにしなかった。

 吉田はこれまで五輪3連覇、世界選手権13連覇を成し遂げ、レスリング界を牽引してきた。女子レスリング界の第一人者だけに、その去就は、本人の一存だけでは決められない。

「引退も頭をよぎるようになった」と話すなど、マットを離れることも示唆している。しかし、本人がやめたくても周囲がそれを許さないのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る