• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪V4逃すも人気絶大 吉田沙保里の引退を阻む周囲の思惑

 去就に世界が注目している。

 24日、リオ五輪後半に行われたバドミントン、陸上などの選手が帰国し、一部選手を除くメダリストが会見。女子レスリング53キロ級で4連覇を逃し、銀メダルに終わった選手団主将の吉田沙保里(33)は「自分は残念な結果だったが、ここにいる選手たちが過去最多のメダルを獲得したことはうれしく思います」と総括した。

 リオで敗戦後、栄和人強化委員長からはコーチ就任を打診されたといわれるが、吉田は「これから先のことは、ゆっくり考えたい」と従来通り、現役続行か引退かは明らかにしなかった。

 吉田はこれまで五輪3連覇、世界選手権13連覇を成し遂げ、レスリング界を牽引してきた。女子レスリング界の第一人者だけに、その去就は、本人の一存だけでは決められない。

「引退も頭をよぎるようになった」と話すなど、マットを離れることも示唆している。しかし、本人がやめたくても周囲がそれを許さないのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る