五輪V4逃すも人気絶大 吉田沙保里の引退を阻む周囲の思惑

公開日:  更新日:

 去就に世界が注目している。

 24日、リオ五輪後半に行われたバドミントン、陸上などの選手が帰国し、一部選手を除くメダリストが会見。女子レスリング53キロ級で4連覇を逃し、銀メダルに終わった選手団主将の吉田沙保里(33)は「自分は残念な結果だったが、ここにいる選手たちが過去最多のメダルを獲得したことはうれしく思います」と総括した。

 リオで敗戦後、栄和人強化委員長からはコーチ就任を打診されたといわれるが、吉田は「これから先のことは、ゆっくり考えたい」と従来通り、現役続行か引退かは明らかにしなかった。

 吉田はこれまで五輪3連覇、世界選手権13連覇を成し遂げ、レスリング界を牽引してきた。女子レスリング界の第一人者だけに、その去就は、本人の一存だけでは決められない。

「引退も頭をよぎるようになった」と話すなど、マットを離れることも示唆している。しかし、本人がやめたくても周囲がそれを許さないのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る