児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

一過性が危惧されるラグビー人気 定着のカギは「女性ファン」

公開日:  更新日:

 いま日本でラグビーフィーバーが吹き荒れている。今回のW杯予選プールで日本が南アフリカに勝利したことは、W杯史上最大の大番狂わせの一つだったことは間違いない。W杯でそれまで1勝しかしていない日本が南アフリカに勝利することなど誰が予想しただろうか。五郎丸歩選手の人気と相まって、この勝利が現在のラグビーフィーバーの大きな要因であることは論をまたない。

 関係者はこのフィーバーをなんとしても持続させたいはずだが、残念ながらこのままではラグビー人気は一過性に終わってしまうだろう。この人気を持続させるには、19年に日本で開催される次回のW杯は遠過ぎるのだ。

 それではラグビーを本物の人気スポーツに仕立てるにはどうすればよいか。まず、一にも二にも、選手強化が求められる。

 アメリカでは来春にラグビーのプロリーグが発足する。そのきっかけは、ニュージーランドとのテストマッチが予想外の人気だったことだ。これにより、次のW杯日本大会に照準を合わせてアメリカが急速な選手強化を行うことは明白だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る