• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本阪神が垂涎 パイレーツ右腕フェリーズの実力とお値段

 力はありそうだ。

 今季パイレーツでセットアッパーを務める右腕のネフタリ・フェリーズ(28)が日本でのプレーを視野に入れ、代理人を通じて移籍先を探しているという。レンジャーズではダルビッシュ有と同僚だったこの右腕。途中からクローザーを務めた10年シーズンは70試合に登板し、4勝3敗、40セーブ、防御率2.73で新人王を受賞。チームを地区優勝に導き、球団史上初のリーグ制覇に貢献した。

 現役時代に160キロ超の速球を武器に、通算324勝を挙げたノーラン・ライアン社長の方針もあって12年に先発転向。7試合で3勝1敗、防御率3.16とまずまずの結果を残した。しかし、シーズン途中に右肘を痛めてトミー・ジョン(腱の再建)手術。13年に復帰したものの、最速160キロをマークしたかつての球威は戻らず、その後は度重なる故障に泣かされ、昨季はクローザーに復帰しながら、成績を残せず5月に解雇された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る