金本監督で虎Vは無理? “生え抜き中軸”大成まで最低2年

公開日:  更新日:

「オフは大型補強も検討しているというが、中軸を担える生え抜き野手を取り、育てないと……」

 阪神OBがこう言った。6日の巨人戦は2-4で敗戦。今季、甲子園で8試合連続未勝利中という異常事態が続いている。前出のOBが続ける。

「若手、ベテランを含め、生え抜きの中軸を打つ野手がいないことも異常事態。『選手が育たない』といわれる巨人ですら、阿部、坂本、長野がいる。金本監督は、北條を遊撃に固定し、高山、原口にチャンスを与えてはいるけど、中軸を担うタイプではない。そんなチームは阪神くらいのもんだよ」

 今季開幕時の生え抜き選手の通算本塁打を見てみると、1位が鳥谷の126本。その鳥谷も衰えは顕著。2位はガクッと落ちて上本の17本、3位は狩野の15本、4位が梅野の11本であとは2ケタにも届かない。今季、原口が10本、江越が7本(昨年まで5本)を放ち、江越が梅野を抜いて4位に浮上しているが、低レベルの争いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る