金本監督で虎Vは無理? “生え抜き中軸”大成まで最低2年

公開日:  更新日:

「オフは大型補強も検討しているというが、中軸を担える生え抜き野手を取り、育てないと……」

 阪神OBがこう言った。6日の巨人戦は2-4で敗戦。今季、甲子園で8試合連続未勝利中という異常事態が続いている。前出のOBが続ける。

「若手、ベテランを含め、生え抜きの中軸を打つ野手がいないことも異常事態。『選手が育たない』といわれる巨人ですら、阿部、坂本、長野がいる。金本監督は、北條を遊撃に固定し、高山、原口にチャンスを与えてはいるけど、中軸を担うタイプではない。そんなチームは阪神くらいのもんだよ」

 今季開幕時の生え抜き選手の通算本塁打を見てみると、1位が鳥谷の126本。その鳥谷も衰えは顕著。2位はガクッと落ちて上本の17本、3位は狩野の15本、4位が梅野の11本であとは2ケタにも届かない。今季、原口が10本、江越が7本(昨年まで5本)を放ち、江越が梅野を抜いて4位に浮上しているが、低レベルの争いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る