伊調馨は吉田沙保里を強烈意識 “国民栄誉賞対決”に現実味

公開日:  更新日:

 ともに女子レスリングをけん引してきた2人が肩を並べた。

 吉田沙保里(33)に遅れること4年。世界のトップに立ち続ける伊調馨(32)が国民栄誉賞を手にした。

 会見した伊調は「(国民栄誉賞は)自分の中では通過点というか、まだまだこれから自分のレスリングをどんどん、いいものをつくっていきたいと思っています」と20年東京五輪での5連覇達成に含みを持たせた。さらに「これまでの自分のレスリング人生はまだ半分かな、と。50点くらいをつけます」と自己採点したが、究極の目標は霊長類最強の女をマットに沈めることだという。

 リオでも圧勝した伊調は世界を見渡しても敵なしの状態。世界選手権では伊調に勝ち目がないため、58キロ級を避けて他の階級でエントリーする海外勢は決して少なくない。リオで4連覇を逃したとはいえ、伊調と互角に戦えるのは吉田ぐらいなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る