• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊調馨は吉田沙保里を強烈意識 “国民栄誉賞対決”に現実味

 ともに女子レスリングをけん引してきた2人が肩を並べた。

 吉田沙保里(33)に遅れること4年。世界のトップに立ち続ける伊調馨(32)が国民栄誉賞を手にした。

 会見した伊調は「(国民栄誉賞は)自分の中では通過点というか、まだまだこれから自分のレスリングをどんどん、いいものをつくっていきたいと思っています」と20年東京五輪での5連覇達成に含みを持たせた。さらに「これまでの自分のレスリング人生はまだ半分かな、と。50点くらいをつけます」と自己採点したが、究極の目標は霊長類最強の女をマットに沈めることだという。

 リオでも圧勝した伊調は世界を見渡しても敵なしの状態。世界選手権では伊調に勝ち目がないため、58キロ級を避けて他の階級でエントリーする海外勢は決して少なくない。リオで4連覇を逃したとはいえ、伊調と互角に戦えるのは吉田ぐらいなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る