東京五輪「金30個」 実現のカギ握る女子選手と強化費配分

公開日:  更新日:

 バッサリ切られる競技も出てくる。

 リオ五輪でメダルラッシュに沸いた日本選手団。金12個は前回ロンドン大会の7個を上回り、総メダル獲得数も米国、英国、中国、ロシア、ドイツ、フランスに次ぐ7位と躍進した。橋本聖子選手団長(51)は現地での総括会見で、選手、役員、メディカル、食事のサポートなどの成果について言及。「(東京では)実施される全33競技でメダルを獲得することが最低限の目標」と言い、さらに「(金の数)世界3位は大きな目標ではなく、確実にやらなければいけないもの」と公約。その上で、選手強化予算の確保に取り組みたい意向を明らかにした。

 日本オリンピック委員会(JOC)は4年後の東京五輪で、世界3位の金メダル数(リオ3位は中国の26個)を目標とし、その数は25~30個以上とされている。メダル獲得実績により、発言力が増した競技団体が「もっとカネ寄こせ」と強気になるのは必至だが、これから先に待っているのは、まさに競技間の強化費分捕り合戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る