前代未聞の質疑応答 ハリル監督vs記者“舌戦”の一部始終

公開日:  更新日:

 例えば、欧州のサッカー強国では、試合後の記者会見などで代表監督と報道陣との意見が食い違い、怒鳴り合う場面も珍しくないが、予定調和の国・日本で罵り合うようなシーンなんて皆無だった。29日までは――。

 この日は10月のW杯アジア最終予選(10月6日・イラク戦=埼スタ、11日・オーストラリア戦=メルボルン)の代表メンバーが発表され、質疑応答の時間に“事件”が勃発した。

 最終予選初戦のUAE戦(9月1日)の敗因として欧州組のコンディション不良、合宿期間の短さなどを引き合いに出しながら「言い訳をしていると書かないように」とハリルホジッチ監督が連発。そもそもスポーツ紙が2戦目タイ戦の前に「選手に『笑顔を見せるな』とハリルが強制した」と書いたことに腹を立て、しかも自分の住んでいるフランスの地元メディアが、記事を引用して報じたことに憤然としていたハリルホジッチ監督は、わざわざ会見途中に「事実と違う」とぶぜんとしながら吐き捨てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る