前代未聞の質疑応答 ハリル監督vs記者“舌戦”の一部始終

公開日:  更新日:

 例えば、欧州のサッカー強国では、試合後の記者会見などで代表監督と報道陣との意見が食い違い、怒鳴り合う場面も珍しくないが、予定調和の国・日本で罵り合うようなシーンなんて皆無だった。29日までは――。

 この日は10月のW杯アジア最終予選(10月6日・イラク戦=埼スタ、11日・オーストラリア戦=メルボルン)の代表メンバーが発表され、質疑応答の時間に“事件”が勃発した。

 最終予選初戦のUAE戦(9月1日)の敗因として欧州組のコンディション不良、合宿期間の短さなどを引き合いに出しながら「言い訳をしていると書かないように」とハリルホジッチ監督が連発。そもそもスポーツ紙が2戦目タイ戦の前に「選手に『笑顔を見せるな』とハリルが強制した」と書いたことに腹を立て、しかも自分の住んでいるフランスの地元メディアが、記事を引用して報じたことに憤然としていたハリルホジッチ監督は、わざわざ会見途中に「事実と違う」とぶぜんとしながら吐き捨てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る