求心力を失い“死に体” ハリル監督の奇行に選手も冷ややか

公開日:  更新日:

 10月のW杯アジア最終予選2連戦(6日・イラク戦=埼玉スタジアム2002、11日・オーストラリア戦=メルボルン)を戦う日本代表選手23人が、29日に発表されることになっているが、チームを率いるハリルホジッチ監督が「選手から完全にバカにされてしまって“死に体”状態にある」とサッカー関係者が続ける。

「代表監督に就任すると代表候補選手の体脂肪率のデータを出させて『リミットを超えたら罰を受けないといけない』と真顔で言って選手やスタッフを呆れさせた。体脂肪率は個人差もあるし、計測する日時、フィジカルコンディションによっても違う。そもそも測定方法が何種類もある。なのに提出された数字だけを見てオーバーしているじゃないか! とヒステリックに反応する。実はハリル、いまだに選手を呼びつけては体脂肪率を落とさないと代表から外すぞ! と繰り返して周囲をゲンナリさせている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る