求心力を失い“死に体” ハリル監督の奇行に選手も冷ややか

公開日: 更新日:

 10月のW杯アジア最終予選2連戦(6日・イラク戦=埼玉スタジアム2002、11日・オーストラリア戦=メルボルン)を戦う日本代表選手23人が、29日に発表されることになっているが、チームを率いるハリルホジッチ監督が「選手から完全にバカにされてしまって“死に体”状態にある」とサッカー関係者が続ける。

「代表監督に就任すると代表候補選手の体脂肪率のデータを出させて『リミットを超えたら罰を受けないといけない』と真顔で言って選手やスタッフを呆れさせた。体脂肪率は個人差もあるし、計測する日時、フィジカルコンディションによっても違う。そもそも測定方法が何種類もある。なのに提出された数字だけを見てオーバーしているじゃないか! とヒステリックに反応する。実はハリル、いまだに選手を呼びつけては体脂肪率を落とさないと代表から外すぞ! と繰り返して周囲をゲンナリさせている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る