求心力を失い“死に体” ハリル監督の奇行に選手も冷ややか

公開日:  更新日:

 10月のW杯アジア最終予選2連戦(6日・イラク戦=埼玉スタジアム2002、11日・オーストラリア戦=メルボルン)を戦う日本代表選手23人が、29日に発表されることになっているが、チームを率いるハリルホジッチ監督が「選手から完全にバカにされてしまって“死に体”状態にある」とサッカー関係者が続ける。

「代表監督に就任すると代表候補選手の体脂肪率のデータを出させて『リミットを超えたら罰を受けないといけない』と真顔で言って選手やスタッフを呆れさせた。体脂肪率は個人差もあるし、計測する日時、フィジカルコンディションによっても違う。そもそも測定方法が何種類もある。なのに提出された数字だけを見てオーバーしているじゃないか! とヒステリックに反応する。実はハリル、いまだに選手を呼びつけては体脂肪率を落とさないと代表から外すぞ! と繰り返して周囲をゲンナリさせている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る