日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

兄貴風はチキンの証し? 首位タイ池田勇太に最終Hの重圧

【トップ杯東海クラシック 2日目】

 首位タイに立った池田勇太(30)は、これまで何度も勝つチャンスをつかみながら、最終ホールのポカで優勝を逃している。

 2008年、09年大会と2年連続で首位タイに立ちながら最終18番パー4は、2度ともグリーン手前の池につかまり敗退。昨年大会も最終ホールでボギーをたたいて負けている。

 しかし池田の場合、今大会だけではない。昨年の日本オープンは最終18番でボギーをたたき1打差2位に終わったし、今年のANAオープンでも最終18番ボギーで1打差2位だった。大詰め72ホール目でボギーをたたいているようでは勝てないのも当然だ。

 ツアー14勝を誇り、09年から8年連続で優勝しているのだが、勢いがあったのは年間4勝をマークした09年、10年の2年だけ。11年からは年間1勝しか挙げていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事