• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年も土壇場ポカでV逸 池田勇太の勝負弱さに評論家苦言

【トップ杯東海クラシック 最終日】

 池田勇太(30)が大会2日目に首位タイに立った時、評論家・宮崎紘一氏が日刊ゲンダイで「意外と気がちっちゃいのかもしれない」と奮起を促した応援メッセージは、本人の耳に届かなかったようだ。

 池田は本大会で過去3度も最終日最終18番ホールのポカで優勝を逃している。昨年の日本オープンも、今年のANAオープンも最終18番のボギーで勝利を逸した。

 同じ過ちを繰り返さないようにと宮崎氏は厳しくコメントしたのだが、それも池田の活躍を期待しているからだ。ところが、今年も同じように最終18番のボギーで負けた。ホールアウト後に、「情けない」とか細い声を絞り出すのが精いっぱいだった。

「最終日最終ホールでのボギーは池田にとってトラウマになっているのでしょうが、それを克服する厳しい練習をしていないことがよくわかりました。毎度お決まりの自滅でふてくされた顔を見せられたら、応援しているファンだって気分良くありませんよ。本当に強いプロは、ここ一番という勝負どころで、相手に精神的なダメージを与えるようなショットを放ったり、パットを入れてくるものです。ツアー14勝も挙げながらお粗末ですね」(宮崎氏)

 同じ過ちを繰り返す池田には何をアドバイスしても無意味か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る