今年も土壇場ポカでV逸 池田勇太の勝負弱さに評論家苦言

公開日:  更新日:

【トップ杯東海クラシック 最終日】

 池田勇太(30)が大会2日目に首位タイに立った時、評論家・宮崎紘一氏が日刊ゲンダイで「意外と気がちっちゃいのかもしれない」と奮起を促した応援メッセージは、本人の耳に届かなかったようだ。

 池田は本大会で過去3度も最終日最終18番ホールのポカで優勝を逃している。昨年の日本オープンも、今年のANAオープンも最終18番のボギーで勝利を逸した。

 同じ過ちを繰り返さないようにと宮崎氏は厳しくコメントしたのだが、それも池田の活躍を期待しているからだ。ところが、今年も同じように最終18番のボギーで負けた。ホールアウト後に、「情けない」とか細い声を絞り出すのが精いっぱいだった。

「最終日最終ホールでのボギーは池田にとってトラウマになっているのでしょうが、それを克服する厳しい練習をしていないことがよくわかりました。毎度お決まりの自滅でふてくされた顔を見せられたら、応援しているファンだって気分良くありませんよ。本当に強いプロは、ここ一番という勝負どころで、相手に精神的なダメージを与えるようなショットを放ったり、パットを入れてくるものです。ツアー14勝も挙げながらお粗末ですね」(宮崎氏)

 同じ過ちを繰り返す池田には何をアドバイスしても無意味か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る