米国、アジアでも芽が出ず…初日首位タイD・オーで誰?

公開日:  更新日:

【ツアーワールド杯 初日】

 日本ツアー参戦5年目のD・オー(35)が初日64で回り、トップタイに並んだ。

 米国生まれの韓国系米国人で、04年にプロ転向。米ツアーでは過去6試合に出場したことがあり、一度も予選を通過できなかった。そこで主戦場をワンアジアツアーなどアジアへと移したが、それでもパッとした成績を残せなかった。11年、アジアで戦っている時に同じ韓国系米国人ハン・リーのアドバイスで日本ツアーの予選会に挑戦し、31位資格で出場権を獲得。そして参戦3年目の14年、三井住友VISAマスターズでやっと初優勝を飾った選手だ。とはいえ、印象が薄く、「それって誰?」っていう向きがほとんどだろう。

「昔はアジアから日本にやって来て、それから米ツアーへというルートがあったんですけどね。当時はゴルフのレベルも日本選手の方が上でした」と、ゴルフジャーナリストの児島宏氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る