• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神ドラフト戦略 今年も頼みは金本監督の“直感力”

 金本監督1年目は4位に終わった阪神。オフの戦力補強は、20日に行われるドラフトの結果を受けることになる。

 1位指名は、最速156キロ右腕の田中正義(創価大)ではなく、スリークオーター右腕の佐々木千隼(桜美林大)が濃厚。仮に複数指名で当たりくじを逃しても、外れ1位も投手を取る。

 2位は長打力のある内野手。左打ちでも右打ちでもいいが、甲子園名物の浜風の影響が少ない右打者が理想だ。「でも、どうなるかな。金本監督のドラフトは読めない」と、某OBがこう語る。

「昨年の1位も当初は高橋純平(県岐阜商-ソフトバンク)でいくはずだった。それを就任直後の金本監督は前日の会議で『明大の高山はホームランは打てるのか?』と担当スカウトに聞くと、『打てる』というので急きょ変更した。2位の坂本は捕手が少ない事情から取り、社会人投手の3位竹安は、前年に肘の手術をしていた。担当スカウトの(田中)秀太が、『来年は必ず上位指名で消えます』というので、1年目は戦力にならないことを承知で獲得した。5位青柳(投手)は、『フォームがおもしろいから』と指名。6位板山(外野手)も、ノーマークの球団もあったぐらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る