日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラ1ら11人を戦力外 阪神は“金本イズム”で編成にもメス

 こういうことはドンドンやったらいい。

 阪神が03年ドラフト自由枠の筒井ら過去のドラフト1位選手ら計11人を戦力外とした。

「ドラ1&自由枠」でユニホームを脱ぐのは筒井に加え、05年高校ドラフト1位の鶴、06年大学・社会人ドラフト希望枠の小嶋、09年1位の二神の4人。筒井(1試合)と鶴(2試合)以外は今季、一度も一軍登板がなかった。通算13年で8勝の筒井は主に中継ぎで221試合に出場したが、先発として期待された鶴は11年間で9勝、小嶋も10年間で4勝にとどまった。二神に至っては7年間で0勝。それぞれクビにするのが遅いくらいだ。

 これはスカウティングの問題もあるだろう。重複1位指名で獲得した藤浪や高山といった逸材は別にして、1位に「外れ」が多すぎる。阪神は部長以下11人のスカウトがいて、ことあるごとに大人数で視察し、他球団のスカウトを驚かせている。何のためにこれだけの人員を割いているのか。あるパ球団の幹部が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事