卓球W杯女子S初Vの平野美宇は“メダリスト養成所”育ち

公開日:  更新日:

「日の丸を背負っている」という声も、あながち大げさではない。

 米フィラデルフィアで行われた卓球女子W杯シングルスで、日本勢初優勝を果たした平野美宇(16)が11日に帰国。「あまり調子はよくなかったけど、1試合ずつどんどん調子が上がっていき、決勝の時は絶好調だった。夢のようだったし、めちゃうれしかった」と言って笑顔を見せた。

 平野は大原学園高(通信制課程)の1年生だが、日本オリンピック委員会(JOC)のエリートアカデミーに所属している。08年にスタートしたこのアカデミーは、五輪や国際大会で活躍できる選手を育成するためにJOCが設立。卓球の他にレスリング、フェンシング、飛び込み、ライフル射撃の選手たちが共同生活しながら、ナショナルトレーニングセンターで指導を受けている。つまり、このアカデミーは五輪メダリストの養成所なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る