国籍変更だけじゃない 改善迫られそうな五輪競技の共通項

公開日:  更新日:

 リオ五輪が幕を閉じてはや5日。東京五輪を目指すアスリートたちの戦いは、すでに始まっている。

 競技団体の中には、この4年間でルール変更をするところもあるだろうが、国籍変更問題も議題に挙がるはずだ。例えば、リオ五輪の陸上では、新たな国籍で国際大会への出場が許可された選手は80人以上に上った。女子マラソンで銀メダルのキルワはバーレーン代表だが、ケニアから国籍を変えた選手だ。

 欧州やアジアの卓球選手も、元中国人がやたら多い。日本の女子団体が準決勝で負けたドイツにも、3月の世界選手権のメンバーにはいなかった元中国選手が2人いた。

 国際陸連は20日の理事会で、中南米やアフリカ選手が中東諸国などに数多く国籍を変えている現状から、国籍規定の厳格化を検討することを決めた。外国人と結婚したり、海外移住などで国籍を変えるケースはあるものの、国際オリンピック委員会(IOC)も以前から、この問題には眉をひそめているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る