国籍変更だけじゃない 改善迫られそうな五輪競技の共通項

公開日:  更新日:

 リオ五輪が幕を閉じてはや5日。東京五輪を目指すアスリートたちの戦いは、すでに始まっている。

 競技団体の中には、この4年間でルール変更をするところもあるだろうが、国籍変更問題も議題に挙がるはずだ。例えば、リオ五輪の陸上では、新たな国籍で国際大会への出場が許可された選手は80人以上に上った。女子マラソンで銀メダルのキルワはバーレーン代表だが、ケニアから国籍を変えた選手だ。

 欧州やアジアの卓球選手も、元中国人がやたら多い。日本の女子団体が準決勝で負けたドイツにも、3月の世界選手権のメンバーにはいなかった元中国選手が2人いた。

 国際陸連は20日の理事会で、中南米やアフリカ選手が中東諸国などに数多く国籍を変えている現状から、国籍規定の厳格化を検討することを決めた。外国人と結婚したり、海外移住などで国籍を変えるケースはあるものの、国際オリンピック委員会(IOC)も以前から、この問題には眉をひそめているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る