試合“同時中継”ではっきり 世界と日本のレベルは雲泥の差

公開日: 更新日:

 日本オープンに勝った翌週にマレーシアへ移動し、米ツアー2016-17年シーズン2戦目のCIMBクラシックに出場した松山英樹(24)。

 首位と5打差4位タイ発進の最終日は、上がり17番、18番の2連続を含む6バーディー、ノーボギーの66をマーク。通算20アンダーまで伸ばして、今季米ツアー初戦は単独2位だった。

「ショットは良くなかったが、それでもバーディーチャンスをつくれたことは評価できる。パッティングは悪くなかったけど入らなかった。(日本オープン優勝の疲れで体調が)悪いなかでもある程度ショットもパットも良くなっている。体調をしっかり管理して、来週もいい流れを持続させていきたい」(松山)

 試合は4打差2位発進のJ・トーマス(23)が8バーディー、ノーボギーの64と爆発して大会連覇。終盤の16番、17番でも連続バーディーを奪うなど最後まで攻撃の手を緩めずに通算23アンダーまで伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

もっと見る