「疲れた…」2週連続優勝かかった池田勇太の“腰抜け”発言

公開日:  更新日:

 尊敬する大先輩が聞いたらカミナリを落とすに違いない。

 池田勇太(30)は先週の試合で宋永漢(韓国)との9ホールに及ぶプレーオフを制したが、月曜決着で移動は火曜日の朝。コースに着くとそのままプロアマ戦に出場した。13日に開幕する日本オープンでは2週連続優勝と2度目のタイトルがかかるわけだが、練習ラウンドを行った12日には「疲れている。正直厳しい」と早くも白旗を揚げていた。

 プレーオフが日没で月曜日に持ち越しとなり、ちょっとばかり慌ただしくコース入りしたといっても、池田はまだ30歳だ。この程度のことで「疲れた、厳しい」などと漏らしているから日本の男子プロはファンにソッポを向かれるのだ。

 池田が尊敬する尾崎将司(69)は全盛時代、3週連続優勝が2度あった。1度目は1988年(41歳)。2度目は94年で47歳の時だった。49歳の時にはマスターズから帰国して、中日クラウンズからJCBクラシックまで5大会に出場し、4つの優勝トロフィーを手にしたこともある。ツアー関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る