錦織 宿敵チリッチになす術なく完敗「リズムをつかめず」

公開日: 更新日:

 最後はあっけない幕切れだった。

 男子テニスのスイス室内(バーゼル)は30日(日本時間31日未明)に決勝を行い、第3シードで世界ランキング5位の錦織圭(26)が第4シードで同12位のマリン・チリッチ(28=クロアチア)にセットカウント0-2のストレート負け。準優勝に終わった。

 錦織は過去の対戦で7勝4敗と勝ち越しながら、14年の全米オープン決勝、今年7月のウィンブルドン選手権4回戦(故障棄権)でも苦杯を喫した相手に手も足も出ない。198センチの長身から繰り出される強烈なサーブに圧倒され、試合の主導権を握られた。得意とするストローク戦に持ち込んでも、逆に相手の正確なショットに翻弄されて、わずか25分で1セット目を落とした。

「大事なポイントでも、いいテニスができなかった」(錦織)と振り返った通り、第2セットは再三のチャンスを生かせない。チリッチのダブルフォールトで15-40とブレークチャンスを得た第10ゲーム。互いにミスが出てジュースとなり、最後は錦織のフォアが外れて計3度のブレークチャンスをものにできなかった。錦織はタイブレークまで持ち込んだが、最後の第2サーブがネットに当たり、痛恨のダブルフォールトで試合終了である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る