錦織 宿敵チリッチになす術なく完敗「リズムをつかめず」

公開日: 更新日:

 最後はあっけない幕切れだった。

 男子テニスのスイス室内(バーゼル)は30日(日本時間31日未明)に決勝を行い、第3シードで世界ランキング5位の錦織圭(26)が第4シードで同12位のマリン・チリッチ(28=クロアチア)にセットカウント0-2のストレート負け。準優勝に終わった。

 錦織は過去の対戦で7勝4敗と勝ち越しながら、14年の全米オープン決勝、今年7月のウィンブルドン選手権4回戦(故障棄権)でも苦杯を喫した相手に手も足も出ない。198センチの長身から繰り出される強烈なサーブに圧倒され、試合の主導権を握られた。得意とするストローク戦に持ち込んでも、逆に相手の正確なショットに翻弄されて、わずか25分で1セット目を落とした。

「大事なポイントでも、いいテニスができなかった」(錦織)と振り返った通り、第2セットは再三のチャンスを生かせない。チリッチのダブルフォールトで15-40とブレークチャンスを得た第10ゲーム。互いにミスが出てジュースとなり、最後は錦織のフォアが外れて計3度のブレークチャンスをものにできなかった。錦織はタイブレークまで持ち込んだが、最後の第2サーブがネットに当たり、痛恨のダブルフォールトで試合終了である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る