日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織スイス室内4強 天敵デルポトロに堂々ストレート勝ち

 5度目の対戦でようやく雪辱を果たした。

 男子テニスのスイス室内(バーゼル)は28日(日本時間29日未明)、シングルス準々決勝を行い、第3シードで世界ランキング5位の錦織圭(26)が同42位でリオ五輪銀メダルのフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)をセットカウント2-0のストレートで下し、同大会5年ぶり2度目の4強入りを決めた。

 錦織はデルポトロに過去4戦全敗。この日は「サーブやフォアハンドは迫力があるので、できれば対戦したくない相手」と苦手意識を隠さなかった198センチのビッグサーバーと堂々と渡り合った。

 第1セットは第10ゲームまで互いにキープ。両者ゆずらない展開がつづいたが、均衡を破ったのは錦織だった。

 第11ゲームで30-30からデルポトロのダブルフォールトでブレークポイントを得た錦織。最後は相手のミスショットを誘い、この試合初のブレークに成功。第12ゲームはラブゲームでキープし第1セットを先取した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事