育成重視どこへ? 阪神“札束攻勢”でオリFA糸井獲りの愚

公開日: 更新日:

日本ハム広島の日本シリーズは、エースが大リーグに行ったチーム同士の対戦だった。ダルビッシュや前田がいなくなったのに、自前で選手を育てることによってプロ野球の頂点を争った。その直後だというのに懲りないというか、学習しないというか……いや、今度こそ大丈夫だと本気で思っているのかもしれません」

 プロ野球ファンの吉川潮氏(作家)がこう言った。「懲りずに学習もしない」とは、ベテランのFA選手に法外な札束を積む気でいるプロ球団のことだ。

 35歳の糸井(年俸2億8000万円)を「4年18億円」ともいわれる金額で引き留めようとするオリックスがオリックスなら、同じく4年契約で取りに行こうとする阪神も阪神だ。

 オリックスは2年前のオフ、FA選手を漁りまくった。当時、31歳だったエース・金子を「4年20億円」でFA残留させたうえ、32歳だった中島と「3年最大12億円」、34歳のFA小谷野と「3年3億円」で契約した。「30億円補強」でオフは圧勝も、しかし肝心のペナントレースは昨年5位、今年は最下位と振るわなかった。金子に至っては右肩の故障もあって昨年も今年も7勝止まりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  5. 5

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

  9. 9

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  10. 10

    二世、アイドル、タレント出身…TV局新人アナ誰が化ける?

もっと見る