育成重視どこへ? 阪神“札束攻勢”でオリFA糸井獲りの愚

公開日:

「日本ハムと広島の日本シリーズは、エースが大リーグに行ったチーム同士の対戦だった。ダルビッシュや前田がいなくなったのに、自前で選手を育てることによってプロ野球の頂点を争った。その直後だというのに懲りないというか、学習しないというか……いや、今度こそ大丈夫だと本気で思っているのかもしれません」

 プロ野球ファンの吉川潮氏(作家)がこう言った。「懲りずに学習もしない」とは、ベテランのFA選手に法外な札束を積む気でいるプロ球団のことだ。

 35歳の糸井(年俸2億8000万円)を「4年18億円」ともいわれる金額で引き留めようとするオリックスがオリックスなら、同じく4年契約で取りに行こうとする阪神も阪神だ。

 オリックスは2年前のオフ、FA選手を漁りまくった。当時、31歳だったエース・金子を「4年20億円」でFA残留させたうえ、32歳だった中島と「3年最大12億円」、34歳のFA小谷野と「3年3億円」で契約した。「30億円補強」でオフは圧勝も、しかし肝心のペナントレースは昨年5位、今年は最下位と振るわなかった。金子に至っては右肩の故障もあって昨年も今年も7勝止まりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る