育成重視どこへ? 阪神“札束攻勢”でオリFA糸井獲りの愚

公開日: 更新日:

日本ハム広島の日本シリーズは、エースが大リーグに行ったチーム同士の対戦だった。ダルビッシュや前田がいなくなったのに、自前で選手を育てることによってプロ野球の頂点を争った。その直後だというのに懲りないというか、学習しないというか……いや、今度こそ大丈夫だと本気で思っているのかもしれません」

 プロ野球ファンの吉川潮氏(作家)がこう言った。「懲りずに学習もしない」とは、ベテランのFA選手に法外な札束を積む気でいるプロ球団のことだ。

 35歳の糸井(年俸2億8000万円)を「4年18億円」ともいわれる金額で引き留めようとするオリックスがオリックスなら、同じく4年契約で取りに行こうとする阪神も阪神だ。

 オリックスは2年前のオフ、FA選手を漁りまくった。当時、31歳だったエース・金子を「4年20億円」でFA残留させたうえ、32歳だった中島と「3年最大12億円」、34歳のFA小谷野と「3年3億円」で契約した。「30億円補強」でオフは圧勝も、しかし肝心のペナントレースは昨年5位、今年は最下位と振るわなかった。金子に至っては右肩の故障もあって昨年も今年も7勝止まりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る