育成重視どこへ? 阪神“札束攻勢”でオリFA糸井獲りの愚

公開日: 更新日:

 阪神もFAでは苦い経験をしている。14年のオフ、当時33歳だった鳥谷を「5年20億円」でFA残留させた。メジャー志向の強かった鳥谷にペコペコしながら大金を積んで残ってもらったものの、その鳥谷は5年契約2年目の今季、過去最低の打率・236と振るわず、遊撃のポジションを北條(22)に取って代わられるのも時間の問題。年俸4億円の「不良債権」と化しそうな気配だ。

 折しも今季から指揮を執る金本監督は「超変革」をテーマに、生え抜きの育成に力を注ぎ始めたばかり。なのに性懲りもなくトウの立ったFA選手に飛び付けば、若手の活躍の場を奪うようなものではないか。前出の吉川氏が言う。

「30代半ばの選手に大型契約だなんて考えられませんよ。外国人選手だって3、4年の大型契約を結べば1、2年目は必ずといっていいくらい手を抜くでしょう。あっちが痛い、こっちも痛いと言っては、よく、休んでるじゃないですか。高い給料を払っている手前、結果が出なくても使わざるを得ない。ファームの若手のやる気をそぐことにもなります。FA選手の獲得が、若手育成の芽を摘むということがなぜ分からないのか理解に苦しみますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  8. 8

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  9. 9

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る