移籍を決断か FAオリ糸井争奪戦“巨神一騎打ち”の行く末

公開日: 更新日:

 熱戦が続く日本シリーズの裏で、球界関係者の興味は別のところに注がれている。

「日本シリーズ終了後に始まるFA戦線の目玉、オリックスの糸井(嘉男=35)が方向性を決めつつあるようなのです」と、在京球団の編成担当。糸井は今季、打率.306、17本塁打、70打点と復活し、53盗塁で自身初の盗塁王のタイトルも獲得した。本人は「まだ決められない」とFA権を行使するかしないかの態度も明らかにしていないが、「少なくともFA宣言はする。オリックス残留の可能性は極めて低い」と、この編成担当が続ける。

「オリックスは4年12億円の大型契約を用意して引き留めを図っていますが、本人は返答を保留しています。来年の7月に36歳になることを考えれば、年齢的にこれが最後の挑戦。日本ハム時代から希望していたメジャー挑戦は封印したものの、やはり、環境を変えて勝負したい、という気持ちが強いようです。移籍は間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る