移籍を決断か FAオリ糸井争奪戦“巨神一騎打ち”の行く末

公開日:

 熱戦が続く日本シリーズの裏で、球界関係者の興味は別のところに注がれている。

「日本シリーズ終了後に始まるFA戦線の目玉、オリックスの糸井(嘉男=35)が方向性を決めつつあるようなのです」と、在京球団の編成担当。糸井は今季、打率.306、17本塁打、70打点と復活し、53盗塁で自身初の盗塁王のタイトルも獲得した。本人は「まだ決められない」とFA権を行使するかしないかの態度も明らかにしていないが、「少なくともFA宣言はする。オリックス残留の可能性は極めて低い」と、この編成担当が続ける。

「オリックスは4年12億円の大型契約を用意して引き留めを図っていますが、本人は返答を保留しています。来年の7月に36歳になることを考えれば、年齢的にこれが最後の挑戦。日本ハム時代から希望していたメジャー挑戦は封印したものの、やはり、環境を変えて勝負したい、という気持ちが強いようです。移籍は間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る