日ハム入団拒否 ドラ6山口の説得は履正社監督がカギ握る

公開日:

 それでも望みはゼロじゃないという。

 10月20日のドラフトで日本ハムに6位指名されるも、入団拒否が濃厚といわれている履正社の左腕、山口裕次郎。プロ側には事前に「3位までに指名がなければ、内定している社会人に進む方針」と伝えていただけに、6位指名に憤慨しているといわれている。

 ドラフト直後に「これから本人やご両親と話し合う」と顔をしかめていた履正社の岡田監督は、30日に「本人や家族の考えを伺った。社会人のお世話になります」とキッパリ。日ハムも万事休す――と思いきや、まだまだ諦めてはいないというのだ。

 あるアマ球界関係者は「機嫌を悪くしているのは岡田監督だけですから」と、声を潜めて言う。

「6位指名でも満面の笑みでチームメートに胴上げされているし、山口本人は指名順位に関係なくプロ志望だと聞いています。問題は岡田監督ですよ。契約金も年俸も安く、クビも切られやすい下位指名なら社会人の方がいいという親心は分かるが、メンツもある。他球団に『順位縛りがあったからウチは諦めたのに』と責められたら、返す言葉もありませんからね。受け入れ先の社会人チームにも顔が立たない。日ハムは本人よりも、いかに岡田監督を説得できるかがカギになるでしょう」

 山口が進路予定としているJR東日本も岡田監督のように神経質ではなく、「本人の意思が最優先。無理してウチに来なくても構わない、という考えのようです」(前出の関係者)という。

 指名挨拶は週末の4日。逆転の余地はまだまだありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る