ドラフトで得した球団 流しのブルペンキャッチャーが診断

公開日:

【語り 流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦氏】

 ドラフトで最も〈得した球団〉は、西武です。

 1位は夏の甲子園優勝投手である今井達也(作新学院高=右投げ右打ち)を単独指名。2位ではアマ最速の157キロ右腕・中塚駿太(白鵬大=右投げ右打ち)を指名しました。今井が好投手であるのは言うまでもなく、2位の中塚は多少の時間はかかるかもしれませんが、粘り強く走りこみ、投げ込みをこなし、「心身のパワーアップ」を果たすことができれば、大化けする可能性があります。

 さらに3位の遊撃手・源田壮亮(トヨタ自動車=右投げ左打ち)、4位の外野手・鈴木将平(静岡高=左投げ左打ち)は、共に将来のチームを背負うことのできる逸材と見ています。源田のフィールディングは、プロに入ってもトップクラス。柔軟性があって、ゴロの吸収力が高く、三遊間の打球でアウトを取り切ることができる。辻新監督好みの選手だと思います。1年目の呉念庭と競わせて、遊撃を固定したいという意図が垣間見えます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る