ドラフトで得した球団 流しのブルペンキャッチャーが診断

公開日:

【語り 流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦氏】

 ドラフトで最も〈得した球団〉は、西武です。

 1位は夏の甲子園優勝投手である今井達也(作新学院高=右投げ右打ち)を単独指名。2位ではアマ最速の157キロ右腕・中塚駿太(白鵬大=右投げ右打ち)を指名しました。今井が好投手であるのは言うまでもなく、2位の中塚は多少の時間はかかるかもしれませんが、粘り強く走りこみ、投げ込みをこなし、「心身のパワーアップ」を果たすことができれば、大化けする可能性があります。

 さらに3位の遊撃手・源田壮亮(トヨタ自動車=右投げ左打ち)、4位の外野手・鈴木将平(静岡高=左投げ左打ち)は、共に将来のチームを背負うことのできる逸材と見ています。源田のフィールディングは、プロに入ってもトップクラス。柔軟性があって、ゴロの吸収力が高く、三遊間の打球でアウトを取り切ることができる。辻新監督好みの選手だと思います。1年目の呉念庭と競わせて、遊撃を固定したいという意図が垣間見えます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る