入場者数でハッキリ 男子ツアーはシニア大会よりも不人気

公開日: 更新日:

 大会初日はシニア大会の“勝利”だった。

 同じ千葉県で男子レギュラーの平和PGM選手権(印西市)とシニアの富士フイルムシニア選手権(木更津市)が祝日の4日開幕した。

 秋晴れで絶好のゴルフ観戦日和だったが、レギュラー大会(当日券2000円)のギャラリー数は3561人と、シニア大会(同1000円)の3793人よりも少なかった。シニアの方が入場料が安いから、という単純な話ではない。

松山英樹出場の初日に1万838人

 男子ツアー関係者がこう言う。

「米ツアーで活躍する松山英樹が出場した日本オープン初日は平日(同3000円)にもかかわらず1万838人もの来場者があった。しかし、そんなギャラリーをたくさん呼べる魅力のある選手が今のレギュラーにはいない。シード選手といっても知名度が低いプロばかり。だから永久シードの尾崎将司が予選を通過できなくても試合に出てくれるだけでギャラリーは喜んでくれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

  10. 10

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

もっと見る