松山英樹がWGC快挙でも…ゴルフブームはもう起きないのか

公開日: 更新日:

【WGC-HSBC選手権】

 大会2日目から首位に立った松山英樹(24)が逃げ切り、米ツアー3勝目を挙げた。年に4試合ある世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズの日本人優勝は初の快挙で、米ツアー3勝は丸山茂樹(47)に並ぶ日本勢最多勝利になった。

「朝はすごく緊張していたけど、1番でバーディーが取れてうまくスタートが切れた。ノーボギーで回れてよかった」(松山)

 2位と3打差17アンダー発進の最終日は、前半に3バーディーを奪い、通算20アンダーまで伸ばしてターン。この時点で2位とは5打差になった。

 後半に入ると13番で10メートルの長いバーディーパットを沈め、続く14番パー5(563ヤード)はアイアンで2オンに成功して楽々2パットバーディー。

 そして15番パー4(487ヤード)は2打目をピンそば1メートルにつけるスーパーショットを放ち3連続バーディーを決めた。サンデーバック9でも勢いが止まらず、終わってみれば2位と7打差の圧勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る