2カ月未勝利 イ・ボミ「パターに違和感」は不調の言い訳

公開日: 更新日:

【樋口久子・三菱電機レディース】

 得意のパットが鳴りを潜めた。

 大会最終日、2バーディー、2ボギーの72で回ったイ・ボミ(28)は何度も肝心のパットが決まらず、4アンダー4位タイでフィニッシュ。獲得賞金約1億5477万円で賞金ランクトップはキープしているが、この大会優勝の申ジエ(28)が約1億2932万円と約2545万円差で迫っているため、「ドキドキします。今日もドキドキしながらプレーしました。もちろん賞金女王になりたいけど、女王よりもまずは早くもう1回優勝できるようにしたいので、そこだけを意識して頑張ります」と語った。

 昨季、男子を含めた日本ツアー史上最高額となる約2億3049万円を稼いで初の賞金女王に輝いたイ・ボミは、今年も女王のタイトルを狙って8月までに4勝を挙げてランク首位に立っている。ところが、ここ2カ月間は未勝利。日刊スポーツによると、「パターを構えたときに気持ち悪さが消えない。原因が分からない」と違和感を覚えたという。メーカーに見てもらうと、パターのロフト角とライ角がズレていたことが判明したというが、プロがパターの“異変”に気付かないことがあるのか。田原紘プロはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る