• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2カ月未勝利 イ・ボミ「パターに違和感」は不調の言い訳

【樋口久子・三菱電機レディース】

 得意のパットが鳴りを潜めた。

 大会最終日、2バーディー、2ボギーの72で回ったイ・ボミ(28)は何度も肝心のパットが決まらず、4アンダー4位タイでフィニッシュ。獲得賞金約1億5477万円で賞金ランクトップはキープしているが、この大会優勝の申ジエ(28)が約1億2932万円と約2545万円差で迫っているため、「ドキドキします。今日もドキドキしながらプレーしました。もちろん賞金女王になりたいけど、女王よりもまずは早くもう1回優勝できるようにしたいので、そこだけを意識して頑張ります」と語った。

 昨季、男子を含めた日本ツアー史上最高額となる約2億3049万円を稼いで初の賞金女王に輝いたイ・ボミは、今年も女王のタイトルを狙って8月までに4勝を挙げてランク首位に立っている。ところが、ここ2カ月間は未勝利。日刊スポーツによると、「パターを構えたときに気持ち悪さが消えない。原因が分からない」と違和感を覚えたという。メーカーに見てもらうと、パターのロフト角とライ角がズレていたことが判明したというが、プロがパターの“異変”に気付かないことがあるのか。田原紘プロはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る