日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

そろって予選落ち…宮里兄弟はホストプロの責任果たせず

【HEIWA・PGM選手権 2日目】

 プロゴルファーにとっては大失態だ。

 宮里聖志(39)、優作(36)兄弟は今大会のホストプロ。弟・優作は13年9月、兄の聖志も15年3月からPGMとスポンサー契約を結んでいる。大会HPには、直前に意気込みなどを語った兄弟のコメントが出ている。

「練習日、プロアマとラウンドして、グリーンのコンディションがとても良い印象です。僕のタッチと合致し、気持ち良く打てたおかげでパットの調子を取り戻せました。明日からの本戦ががぜん楽しみになってきました」(聖志)

「ホストプロですから、最高の形(優勝)で恩返しできたら最高です」(優作)

 スポンサーが主催する大会だけに、宮里兄弟が上位にくればスポーツマスコミは大きく取り上げる。2人も自分らの役目は十分わかっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事